上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代表の和田(じょなさん)です。

一心2010開催まで、一か月を切りました。

本当に存在意義のあるビジネスコンテストを開催するため、最後の大詰めです!

現在ミーティングでは、チーム作成やプレゼンの最終調整を行っている所です。

そんな中、先日の泊りがけの合宿にて、スタッフみんながもう一度語り合い、確認した事があります。


それは・・・


『成長』とは何か??



一心2010の目的は、「学生にとっての、気付きと成長の場となること」です。
つまり、一心2010というビジコンを通し、
参加者に学生生活・人生を変えるような気付きを与え、将来社会で活躍出来る人材となってもらいたいのです。

一心2010では、すべてのプログラムをそのような意識でデザインしています。


ですが、『成長』って何?
一心2010後に、具体的に、参加者にどうなってもらいたいのか?

これが明確になり、スタッフの理念として共有できていなければ、上記の目的はふわふわしたスローガン的なものに留まってしまいます。

これを明確に共有することで、
強く学生の成長にフォーカスしたビジコンを作りたい!
というわけで、一心スタッフで夜中に語り合いました!


その結論は…


『行動』です。



まだ学生生活何もしていなく、もてあましていると感じている人も、
すでに精力的に活動し、頑張っている人も、

さらに上を目指し成長していくために必ず必要なこと。
それが『行動』です。

新しい行動をはじめ、それを継続していくことが、学生の『成長』の糧となると考えたのです!


当然のことかもしれませんが、このことをスタッフ全員で強く意識すること。


それが、
『本当に存在意義のあるイベント』を生むのではないでしょうか。

学生団体は、目に見える成果(=学生の成長等)を確認することが難しい。
企業のように利益で測れないからです。

そのせいで、ふとすれば成果を取り違えてしまい、自己満足に陥ってしまいかねません。
例えば、
・100人の学生が集まった!
・有名な大人とコラボした!
それを成果としてとらえてしまい、本来の目的である『学生の成長』をあまりフォーカス出来なかったり。

もちろん多くの学生を集め、有名な大人とのコラボを、目的に対する的確な手段と捉えているなら素晴らしいことです!

しかし、それだけでは成長というより、単なる一過性の高揚感になりかねないのでは・・・という危険も感じます。


つまり、
一心2010では、

『行動を促す気付きを学生の中に生む』ことにより、

学生の成長を生み出す!


それを忘れないことをスタッフ全員が共有することができた、良い合宿でした!!

もちろん、どんな行動でもすればそれで良いのか!?
といえばそうではないですが・・・それはまたの機会に!
スポンサーサイト

プロフィール

名古屋でビジネスコンテストを開催します! 現在名古屋近郊の大学に通う13名の大学生が企画中♪

NBC一心

公式サイト

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

.

Copyright © NBC一心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。